「キャラクター紹介」仙台のご当地ヒーロー|破牙神ライザー龍|リュウプロジェクト公式サイト

メインイメージ

キャラクター紹介

PDFで拡大して確認する

©2011 RYU PROJECT ALL RIGHTS RESERVED.

 

■リヒト族
古代東北の地で、平和を愛し、太陽の恵みを愛す心清い太陽の民。太陽とアラハバキ神を信心し、代々東北の地を守りし民族。その血脈は伊達へと続く…
■ナハト族
リヒト族と同じく古代東北の地で、月を愛し、風を愛でる美しき心を持つ月の民。
しかし、一族の未来を司る巫女を魔族より救うため、魔族との契約により傲魔に変身。自らの美しき心を隠し、傲魔一族となる。いつか誰かに止めてもらえることを願う悲しき民…
■破牙神ライザー 龍

太陽の力とアラハバキ神の力を身に纏った戦士。古代リヒト族の開発したベルトで変身。
悠久の時を経て現代に受け継がれ、即応予備自衛官 宮城 健(みやぎ たける)が変身。本業は保育士。

アラハバキ神の力により、ベルトに埋め込まれたアークにより変身。ひとたび身に付けると、アークは身に付けた者の体に宿る。ベルトと共に出土した石板によると「心清く、心正しく、心強き人よ、アークを身につけしとき、アラハバキの龍が舞い降り、永遠に汝とともにあり」。これがアークが宿るための条件と思われる。

■荒吐破牙神/アラハバキ神
龍を祖霊として祀る縄文神。
■宮城 健/みやぎ たける(破牙神ライザー 龍)
陸上自衛隊を除隊後、仙台市内のめだか保育園につとめる保育士。除隊時の階級は陸士長。また、保育士のかたわら即応予備自衛官に登録している。もともと人との争いが得意ではなく、そのギャップに悩み除隊。先輩の勧めもあり、とりあえず予備自衛官に登録はするが、まさか本当に招集されるとは思ってはいなかった。
即応予備自衛官として災害救助中に、突如現れた“傲魔一族”から襲われ、被災地の子どもをかばい土砂災害に巻き込まれてしまうが、地中より出土した謎のベルトからインスピレーションを感じ、“破牙神ライザー 龍”に変身した!
古代リヒト族の作りし変身ベルトを受け継ぎ、“破牙神ライザー 龍”になった 宮城 健 は、子ども達の笑顔を守るため、戸惑いながらも、人類を脅かす異形の怪人“傲魔一族”と戦う事を決意する…
【陸上自衛隊中央即応集団 司令部付打撃作戦小隊】

陸上自衛隊最強部隊。司令官は「陸将」。

陸上自衛隊中央即応集団は、「初動が最も重要」とされる災害発生時や対テロ対ゲリラなどの事案に対し、緊急即応展開することを目的に創設された防衛大臣の直轄部隊。
編成は「国内事案即応部隊」と「国外事案即応部隊」に大きく分けられ、国内事案部隊は司令部200名、緊急即応連隊1,100名、第一空挺団2,000名、対テロ対ゲリラ特殊作戦群300名、戦術ヘリコプター団900名、化学防護隊200名など、約4,700名で構成されている。もう一方の国外事案部隊は、国際活動教育隊100名、海外任務待機部隊2,600名など合わせて2,700名である。
海外任務待機部隊を除く各部隊は日常、東京に間近な首都圏各地の陸自基地で厳格な訓練を重ねつつ待機し、防衛大臣の命令で即応展開できる態勢になっている。

■初動打撃小隊

中央即応集団司令部要員200名の中に含まれている司令部付打撃作戦小隊は、統括の一尉、陸曹長を含め33名。対テロ対ゲリラ殲滅を目的として編成され、中央即応集団の中でも精鋭で構成された「初動打撃小隊」。
この小隊は陸将直轄で、陸将の権限によって出動命令を発することが出来、防衛大臣へは直後報告で可とされている。

■伊達義明 陸曹長/だてよしあき
初動打撃小隊隊長。当初“龍”を傲魔一族とみなし攻撃を加えていたが、現在はよき理解者。
■桜木瞳/さくらぎひとみ
陸上自衛隊中央即応集団付属研究所研究員。傲魔一族復活に際し、傲魔殲滅を目的に緊急創設された研究機関。ベルトと共に出土した石板を読み解いたのも桜木たちである。
■魔族
妖魔術を駆使し東北の地を我が手中に納めんとし、破壊と殺戮を繰り返す一族。
人間の恐怖によるマイナスエネルギーを集め、傲魔王ジェネシスの復活を目論む。
■傲魔一族
美しきものを忌み、人々の美しい心のつながりを最も忌み嫌い、人の心に棲み付き、人々を疑心暗鬼に陥らせ人々の恐怖を煽り、この地を傲魔一族のものとするため、破壊と殺戮を繰り返す一族。
傲魔王ジェネシス復活の暁には、もとのナハト族の姿に戻れると信じている。
○傲魔一族最高幹部/ヴァイラス
元々はナハト王家の長男。魔族との契約後、傲魔一族の最高幹部の一人となる。契約後は、もとの美しき心まで奪われ、傲慢で冷酷非道。破壊と殺戮を何より好むようになる。
○傲魔一族最高幹部/ヴァイアグロス
元々は心強きナハト王家の次男。魔族との契約後、傲魔一族の最高幹部の一人となるが、魔族との契約に最後まで反対した。契約後は自らが率先して先頭に立ち、極力血を流さぬ様に傲魔王ジェネシス復活に尽力するが、他の一族の仲間からは理解を得られず孤立している。
○呪士/ヤガール
元々はナハト族の祭司。魔族との契約により、自分が最高位の祭司になれると思い込み、魔族との契約を強引に推進した。契約後は傲魔一族最高幹部に使える執事に格下げ。戦闘力は極めて低いが悪知恵が働く。
○傲魔獣
最高幹部に従う傲魔一族の精鋭。
○遣い魔/タゴマール
呪士ヤガールの妖魔術によって生み出される戦闘員。上級遣い魔と下級遣い魔がいる。

ページトップへ