PERFORMANCE
TYPE

FREE PERFORMANCE  
無償公演(幼稚園・保育園・児童施設等)

NPO法人HEROでは、2011年10月より、東日本大震災の被災三県(宮城・福島・岩手)の幼稚園・保育園・児童施設等において、年間200回を超す「交通安全教室」「防犯教室」「防災教室」「体操教室」等のショーを無償でお届けしています。

RYU PROJECT/破牙神ライザー龍の交通安全教室

子供たちが道路の危険をしっかり知って、毎日を安全に、そして笑顔で過ごすために!

交通安全教室は、子供たちにとって大変重要なお話ではありますが、決して楽しい(面白い)お話ではありません。私たちは子供たちの憧れのヒーロー“破牙神ライザー龍” が持つパーソナリティーをフィルターにし、子供たちに交通ルールについて興味を持ってもらい浸透させる事が重要であると考えます。
また、龍との交通安全のクイズを盛り込む等、楽しさを演出する事で、子供たちにとって交通ルールと言う「難しい話」の垣根を少しでも下げたいと思っています。

龍の交通安全教室は「左手をあげよう」と教えています。車が左通行の日本では、右手をあげると近づいてくる車が見えにくくなります。左手をあげるほうが自分に近づく車の交通環境の変化に気付きやすいのです。そのため左手をあげようと教えています。

RYU PROJECT/破牙神ライザー龍の防犯教室

小学校に上がると、子供たちを取り巻く環境がぐっと変わります。

  1. お家の外で一人で遊ばない!
  2. 知らない人にはついていかない!
  3. 大きな声で「いや!」「助けて!」と叫んで、
    とにかく逃げるんだ!
  4. その人が悪い人でないことが、後でわかっても、
    誰もあなたを叱ったりしません。

この4つのポイントを中心に、「いかのおすし」の様な語呂合わせではなく、イラストパネルを使い、目で見て、龍からの言葉を聞くトレーニングを繰り返すことにより、子供たちが、知らない悪い人を直感的に感じられる様になることを目指します。

知らない人の中には、たくさんのいい大人もいれば、少しだけ、悪い大人もいることを知ってもらい、悪い大人に出会わないようにする方法や、出会ってしまった時にしなくてはいけないことを身につけて、自分の身を守る術を学びます。

RYU PROJECT/破牙神ライザー龍の防災教室

龍と一緒に考える、地震・津波・水害・火事! 逃げる時はどうする!?

破牙神ライザー龍の防災教室は、防災標語を覚えるのではなく「こんなときどうする?」という例題のパネルを出して実際に子供たちにも答えてもらいながら災害にあった時の対処法を一緒に考えていきます。

  • ●龍と一緒に考える「地震・津波・水害・火事」
  • ●練習問題/イラストパネルを使った防災(避難)クイズ
  • ●体験
    • ・机や隠れるところがないときのポーズ。「ダンゴムシのポーズ」を覚えます。
    • ・実際に地震が起こった場合、どれくらい足元が不自由になるのか、ペットボトルの細切れを使用して体験してもらいます(逃げる時に靴を履くことの大切さを知ってもらいます)。
  • ●逃げる時の大事なポイントをイラストでわかりやすく解説します。

RYU PROJECT/破牙神ライザー龍のリズム体操教室

子供の発達に必要な筋肉を鍛え、しなやかな体と心をつくります。

このリズム体操を通して、音楽を聴く集中力、リズムをイメージする
想像力、リズムを体で表す反応力や表現力、さらに、心のイメージを
体で表現することにより、心身の調和を作り出します。

リュウプロジェクトでは、この他、握手撮影会やゲーム大会など、幼稚園や保育園のご要望に合わせ、活動しております(フルパッケージショーは、無償公演では実施しておりません)。
また、年間の申込に回数の制限もございませんので、季節に合わせて各教室を年間を通してお申し込みいただくことも可能です。

幼稚園・保育園等の無償公演依頼はこちらから

お問い合わせはこちら